リトルグローブ映画note

いつもお世話になっておりますリトルグローブです。
素人のリトルグローブが映画について気ままに書きます。

スポンサーサイト

2011.09.02 Friday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | - | - | - |

    独特の映像表現とシニカルな視点 テリー・ギリアム

    2011.09.02 Friday 16:26
    0
       こんにちは、リトルグローブです。

      本日も、お気に入り監督の特集といきたいと思います。


      Terry Gilliam


















      テリー・ギリアム アメリカ/ミネソタ州ミネアポリス出身。
      イラストレーター、広告業を経て、ロンドンに渡りアニメーターとなります。
      それが縁でエリック・アイドルらと知り合い、69年にモンティ・パイソンの結成に参加。
      71年に「モンティ・パイソン・アンド・ナウ」を監督。
      その後、「モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル」などの監督を経て、80年に「バンデットQ」が大ヒット。
      独特の映像表現とシニカルな視点が特徴の監督です。


      一部のマニアの間で熱狂的支持を受けていたテリー・ギリアム。
      しかし、『ブラザーズ・グリム』で娯楽性の高いエンターテインメント作品も作り出すことができる監督なのだと世間に知らしめました。

      リトルグローブがギリアム作品を見たのは『バンデットQ』が一番最初です。
      当時、小学生だった僕は親戚の叔父がレンタルして見せてくれたその作品が衝撃的でした。

      特に、エンディング両親が爆発して呆然としている少年を残し、引いて行く映像とともに絶妙のタイミングで被るジョージ・ハリスンの曲。
      見終わったあとの、あのなんともいえない不思議な感覚

      それから、ギリアム作品の虜になりました。


      リトルグローブが一番好きな作品は、バロン』です。
















      バロン伯爵の大冒険をファンタジックな映像で描いた作品。
      所々に皮肉な描写が見られるのが、ギリアム作品らしい。
      「解る人だけ楽しんで下さい」と、マニアックな内容となっています。

      他、代表作に『未来世紀ブラジル』、『フィッシャー・キング』などがあります。
      どれも、斬新で皮肉たっぷりの作品ですね。

      ギリアム監督の作る映画の世界観がとても気に入っています。
      独特で変てこなのに妙に奥行きを感じさせてくれるのです。

      好きになれるかどうかは好みによって違うかもしれないけど「バンデットQ」は誰もが楽しめる度合いが一番高いんじゃないかと思います。

      映画 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

      スポンサーサイト

      2011.09.02 Friday 16:26
      0
        - | - | - | - | - |

        コメント

        コメントする










        この記事のトラックバックURL

        http://kokamocabputm.jugem.jp/trackback/52

        トラックバック